スキップしてメイン コンテンツに移動

丹田力生命力開発法

久しぶりの東中野沖ヨガスタジオへ行って参りました。

今回もたくさん学ばせていただきました。
四国や地方から来られてる方も多く、沖ヨガ道場時代の貴重なお話もお伺いできました。

やった内容は、初めての方は、え、これヨガなの?と思われるような内容ばかりで、今回も思いきり自分の体の可能性を拡げる動きができました。
身体能力や、適応力というのは、開発されるものである、とやっていく段階で気づいていきます。
今回も短い2時間半の間でしたが、それを感じました。

講師の先生や、沖ヨガ道場に居られた方のお話で、言葉の中にある意味の深さにすこしだけ近づいたかもしれません。

本当の理解とは、実践してこその理解であること。
出来ない、わからない、という認識や自覚をしているか、していないかの違いがあること。

理解したつもりであっただけのことがやってみてはじめてわかります。


さて、今回も脳の刺激、背骨の刺激をたくさんして参りました。
両生類や爬虫類の動き。四足歩行の動物の動き。跳んだり、はねたり。
体の昔の歴史を辿ることにより、脳への刺激が変わる、ということです。


今日の気づきは、心やイメージする事。

頭で、この動きをする、だったり、確か足はこの位置で、手はこの位置だったはず、順番としてはこれが先に出て、これが後、ってやってるとたちまち出来なくなる。頭の理解でやると体が着いて行かなくなる現象。
これをカエルになる、とか犬の楽しそうな駆け回るイメージで、とか、いきるよろこびー!!を全身で表現する、という風にやると、出来る。

その心の動きや、イメージを体で表現する、という風にやると頭で考えてやるのより断然動けました。
これは私個人の気づきです。
ダンスであったり、スケートであったり、よろこびや悲しみを体で表現し、スケートでは芸術点にもなり、ただかたちをなぞるだけではない、そこに本質が内在されています。
それは心、イメージ、表現です。



心やイメージが体に作用する、というのは今回のことでも学びました。
ストレスや楽しみ、笑いが病気やガンとも関係して、病状が悪くなったり、よくなったりというのがあります。
体の動きというのは、もちろん脳の指令によって手脚が動かされるわけですが、その脳自体も心の作用やイメージに関連していること、そのことを体で実感しました。

と、こんな個人の気づきや感想だけでは内容はわからないですよね(笑)


内容は機会があらば、ぜひ直接身体でお伝えしたいところですが、写真や動画をアップしてもよいのですが、いつもブログを記述して思うのは言葉では限界があったり、語弊が生まれたり、写真だけだとかたちだけになったりで、本当の本当の大事なところが抜けてしまったり、頭だけの理解にとどまってしまうという点がなきにしもあらず、というところです。

実際におなじ空間で、共に行うことで、伝わることが必ずあります。それぞれ各々に。


それでも、あえて言葉にします。
まずはそこから。きっかけ。
誰が為に、他の為、自分の為になることを願い。


ほぼ両生類から哺乳類になる道どりの動きを辿ります。
そして、転んだり、受け身をとったり、ペアで押したり、引っ張ったり、全身を使わねば、越えられない、出来ない内容を行います。
もっと詳しい詳細はカエル、うさぎ(チーター)、犬、とかげ、赤ちゃんハイハイ、受け身、ジャンプ、ペアになって片脚ジャンプ、頭にベルトをして抵抗に負けんとし進む、腰にまいて進む、2対1の組合いにも負けんとし前進する、などなどです。
それを後向きにやったり、間に適度にくつろぎを入れ行いました。


今日、ほんの先ほどやってきた内容ですので、まだアップはされてないでしょうが、アップされましたら、後日沖ヨガスタジオのサイトブログを貼り付けさせていただきます。


すべては丹田力を鍛えるため。
それは生命力を鍛えることでもあります。
そして生命力が鍛えられるということは、自己治癒力もあげるということ。
病気や怪我の回復も変わります。
リハビリの為に鍛える筋力であったり、その部分だけでみるのでなく、脳や神経自体から変わることでからだの変化の仕方、速さが変わります。


丹田の場所は、腹の下っ腹のところを下丹田といいますが、そこだけを鍛えたり、そこで呼吸をしたりするだけではありません。
あくまでそれはひとつの方法です。
あらゆる全身の運動、心の状態、経験によってつくられるもので、そこが中心となるということです。
全身を動かす上で、あらゆる状況の中で中心となる部分。その為に鍛えることが重要です。

生活すべてに於いてからだの動きがつきものです。そのときの要となります。




あぁ、とてもとても楽しかった。


感謝。

合掌。

このブログの人気の投稿

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

そら-空-

全て一度壊そう

春になるとゼロにしてスタートが始まる

ヨガをし始めてから感覚的にそう思うようになった



積み上げて積み上げて経験を膨らまして膨らましてそれでパンパンにした所で


それがどんなものが出来上がるか形になるのか誰にも分からない


夢や目標や目的は

今はキラキラ輝いていても


光が無くなる事だってあるかもしれない


生命の光はいつ宿り消えるか誰にも分からない






色即是空


形が現れては消える

ライオン

サーカスのライオン



サーカスのライオンは


サーカスのライオンになりたかったのか?



なりたくて



そこに居て




サーカスをしているのか?




させられているのか?



殺されそうなのか?

それしかもう術がないのか?


他を知らないのか?



選択肢さえ分からないのか