スキップしてメイン コンテンツに移動

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。

薬じゃなくて、自然に還る。

不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。

知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。



20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。



はじめは夏に入る、7月頃。

謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧として

めまい、吐き気が収まらない。

病院で診て貰っても原因がわからない

何箇所、通っても同んなじ結果だった

MRI、最新機器でも生命の事は分からない

未病。

3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。



その次は秋口、9月頃。

同じ様な症状。。。

またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。

心の病では?周りは本人は気付いてない、

無意識のストレス

精神的なものじゃないの、と言われ

余計に気にする

鬱々としていた

あぁ、またこの季節が来る。。。3年間



冬に変わる頃はピークだった。

最悪。

忘れもしない、117日。

毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。

「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる

因縁。

絶対何かある。決定打だった



117日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、

西洋医学、現代医学では分からない

東洋思想の考え方、

自然と季節の流れ

人間も自然の一部流れのなかで生きている

という考えの元

自分の体と心をテキストにし調べるようになった



次の三年は、春。

手に吹き出物が出て、痒くて水分を含んでいる

掻くとまたそこから水が吹き出て、それがまた痒い。

肌は弱くて、子供の頃から皮膚科へ行き、ステロイドを使ってた

魔法の薬で塗れば23日で消える。

けど、塗らないとまた出る。

その繰り返し。。。

何故だろう?あぁ、春は肝臓、胆嚢と関連がある。きっと内臓のお掃除をしてくれているんだ。毒出し。

そこで生命の流れを感じ始める。



あ、出なくなった

と思った、今年の夏。



ちょっと風邪気味かしら?ちょっと眠い。

手に吹き出物が少し出た




ちょうど12年のサイクル。

あぁ、浄化したんだ。

細胞が膿を出し、汚れを一掃して、

一つ一つの各臓器を

新しく再生していたんだ

と、気づきました




自然療法だと好転反応。

一見悪い症状は、適わない事をしてしまった、

やらない方が良かったんだ、と思ってしまうけれど、

今まで溜め込んだ体の中、内臓の中の不要な物、膿、自然処理出来ない物を排出している

内在する自然の生命の力は

季節を繰り返し、繰り返し、

要らないものをせっせと出し、

細胞に溜め込んだ毒を出してくれていた。


奢りや怠惰や慢心。


何事も省みず無茶苦茶に扱って来た身体が

知恵を出し、濾過してくれていた



身体はすぐには変わらない。

自然の生命は少しずつ、少しずつ、変わる。




薬によって農薬によって沢山生命を育んだり成長を速める事は出来ても、すぐ枯れてしまう。

もしくは生命の力が弱い。

力強く大地に根差す、心身を作りたいものです。



このブログの人気の投稿

OKIDO YOGA from Italy

イタリアにて長い間沖ヨガをされていらっしゃる龍村恵美子先生のヨガを受けて参りました。とても潔い、快活な気持ちの良い方でした。ご年齢をお伺いしてびっくりです。10、20歳お若くみえます。

盆の窪について教えてくださり、首の後ろ、頚椎と頭蓋骨のつながる部分とでも言えばいいのでしょうか、そこが詰まっているか、否かで、頚椎の歪み、腰の歪み、更には、内臓にまで影響します。 何でも起点、始まりの場所が大事なのですね。 詰まりなければ、そこに指が左右と合わせて計8本入ります。 ひとりひとりその場所を触って頂き、みてくださいました。 そして丹田から、腹に力を入れること、肩の力を抜くこと、正座からの背筋のつながり、内臓の関連、そして哲学に至るまで、とても深い内容で、初めてやることばかりだったのでとても勉強になりました。
イタリアで芸術活動をされていらっしゃる方もOKIDO YOGAをやられていたり、タンゴをやられてたりですとか、今回はるばるイタリアから生徒のお弟子さんがいらっしゃって、ペアになり気の導引や、修正法などなど、一緒になってやりました。 とてもたのしかったです。 bene!!(いいね)
言葉は違えど、生き方や心のこと、体の事は分かり合えるし、ヨガを通して、心の平穏を感じている変化や気づきも自身と同じで、国境を越えて、繋がり合える、喜び合える、ということを嬉しく思いました。
いつかイタリアで今日出会えた方達とヨガしたいな、と思いました。
Grazie!!
今日学んだ事も、ヨガ講習に来てくださる方々にお伝えしたいと思います。
Chao〜♪
気分はイタリア。
(記念撮影もしましたが、後日サイトを載せまして、シェアさせて頂きます。)

背骨、脚骨

ヨガ的、解剖学的なことをあまりブログでアップしていなかったので載せます。 ヨガをするに辺り、色々な解釈や視点があり、解剖学と現代医学と東洋思想と私の考えを含んだオリジナルのものです。 ヨガは、内観をする事でヨガでいうプラーナ、東洋思想でいう氣、生命のエネルギー、それらが呼吸と共に行う事によって整うとされています。流れがよくなり、滞りや詰まりが無くなります。 内観と言うと難しいかもしれないけれど、表面的なポーズや見た目、カタチに捉われるのではなくて、身体の内側、内蔵やお腹の状態、呼吸しているときの肺の動きや、みぞおち、さらには外側、空間、環境、何となく感じるもの、良い感じ、何となく嫌な感じ、その場の持つもの等、身体全体を通して感じるものです。


私たちの祖先の祖先の祖先...、魚類は手脚がありません。四肢がなく、背骨だけで水中を移動しています。 そこから四肢が生えてきました。両生類、哺乳類となっていきます。 背骨は生命の起源とされる、身体の中心。 背骨の中は脊髄が通り、血液も流れ、自律神経が並列して通っています。

背骨が精神とつながっている、と言われ、自律神経とチャクラも関連しているといわれます。 脳が司令塔とすれば、背骨は根幹となりパスをつなぐ重要な部分です。根幹から末端へと指示します。 リラックス系のヨガは、あおむけ、うつ伏せなど大地と根ざしてつながり、地に近い形で行うポーズが多く動物の名前のポーズが多いです。 座位のポーズ、前屈、後屈、捻り、上下の伸び縮み等あらゆる背骨の方向性、展開をしてゆきます。脚へのアプローチもしていますが、主に背骨に働きかけています。






そして、ヒトは猿人類、私達の祖先である猿から人間、ヒトへと進化します。 手を使う事によって大脳新皮質が発達して人間になった、ともいわれています。 四肢であった脚が四足から二足になり前脚から手へと変わります。 他の動物と異なる点は、人間の脚は二足であるということ。 二足の脚を使ってこそ、人間です。 ですが、二足歩行は腰に負担が掛かり、立つ事でさえ不自然さがうまれ不合理です。人間はもともと不自然な動物。 それでも人間は人間であり、立つ事を決断しました。


ヨガはその不自然さからバランスをとる為、色々なことやポーズをします。 リラックス、ほぐし、癒し、心身の関係性、ここでは身体面の視点からになりますが、背骨をまず柔軟に動かします。 その後、立位のポーズへ。 …