スキップしてメイン コンテンツに移動

ヨガ、自然、いのち

今年の元旦に泣いた記憶があります。
涙もろく喜怒哀楽どんな場面に於いてもよく泣きます。

今年、周りの友達にも先輩にも妹にも知人にも赤ちゃんが産まれました。
新しい生命の誕生。
赤ちゃんは泣く事が仕事で言葉に出来ない事を泣いて必死に伝えようとします。

赤ちゃんを見る度に、今縁あって出逢えた体操教室に通うすくすくと育っている子どもたちのことを想い幸せを願います。より良い社会を創り、渡したい思いと未来の社会に貢献してくれるであろう子どもたちの成長を祈ります。
前職はどちらかというとご年配の方と多く接していたので人の一生について今、学んでいます。
ひととの出逢い、運命はきっかけとなり人生を大いに変えていきます。

今年は自分自身を産まれたばかりの赤ちゃんのように感じていました。
ヨガも幼児児童体操も一から始めた私はまるで赤ちゃんのようにまだヨチヨチ歩きの状態。
初めてのものを見て、真似て、自分のものにしていく。
様々な情報を感覚や体感から取り込み、知識を知恵として実行、実践する一歩手前。まだ何も形に出来ていないけれど初めて出逢うことに感動し、驚き、楽しんでいる。それは子どもと同じです。

ヨガで身体の感覚が大きく変わりました。
身体での体感、実感であるので言葉で上手く表現することは難しいです。
それでもあえて言葉にすれば空気の密度が濃くなったという感じ。言い方を変えると、世界が色濃くなった、空気が吸い付くような感じ、地球の地面、地とつながっている、緑が濃い、世界の彩りが鮮やか、自然とつながっている。こんな風な不思議な表現になります。
この感覚を知らなければ、ずっと一生体感としては気付けなかったかもしれないです。
やはり現代の暮らし、生活の中では人は自然と遮断されています。切り離された存在になってしまう。比べてしまうと以前は自然と繋がっておらず取り残されたように宙に浮いてる感じだった、とも思えました。
身体の実感があまりにも少ない。電子機器の影響や身体の能力が衰え機能が低下している為に不自然で異常な状態になっているのかもしれない。
ヨガをして身体で感じ得ました。

釈尊やヨガを伝承してくださった偉大なる方々の言わんとする事が、頭で知識として理解していた事が、あぁ、こういうことなのかもしれないと身体で分かったような気がしました。

それ以来、自然のことを思うようになり、考え、深く悩むまでに至りました。果てはヨガなんて勉強していて良いのだろうか、やるべき事は他にあるのではないか、というところまで行き着いてしまいました。今まで無視してきた自然の声の叫びが一気に聞こえたようで、苦しかったです。それでも巡り巡って、辿り着いた答えは、ヨガを通し、自然のことをおもう人が一人でも増えれば良いなということでした。私がそう感じたように。
けれど、ヨガは一人一ヨガと言われており、それぞれが本来の自分と出逢い、その人が持っている可能性を最大限に活かすことでもあるので、自分だけの考えを強要せず、一人ひとりがより善い生き方をしてほしいと願うようになりました。それが自然なのだと。私にとってはそれが自然についてだったのです。

家の観葉植物や登山をしているときに木の心、植物の心と言えばいいのか、人間と同じように感じられるようになりました。単純だけれど、水を欲しているとか、根に病気を持っているとか、鉢が小さいと言っているとか、生きている声が聞こえます。生命力を感じるのです。それは花にも。
店頭に並んでいて、見た目はきれいな葉っぱの色をしているけれど、腐らないように薬をいっぱい飲まされて病気になっている、とか。最近、冬眠に入ったなど。
ひとがいないときの方が落ち着いて、よく育つようで敏感で繊細な性格、性質なのだと気付きます。
植物の些細な小さい声のようなものが聞こえるのです。
インドの支則だとサマディーに当てはまるのかなと後に思いました。サマディーとは植物、動物、石の心を感じること。

私の身体が拓かれて、気付けなかった事が気付けるようになりました。
自然に感謝をするようになり、同時に申し訳ない、罪な事をしていると思います。無知であることは罪です。
心で知る、理解したことをたいせつにしてゆきたいです。

産声をあげた赤ちゃんの世界は全てが新しいものとの出逢い。感動して、楽しみ、転んだりしながら歩く。人生味わい深く育んでゆこう。


このブログの人気の投稿

内臓の個性、キャラクター

先日のヒプノとヨガのコラボレーションWSのご報告。
面白かったですよ~。私の内臓達は皆んな個性的でキャラ立ちしていました(笑)
ヒプノは夢を見ている様な感じで、普段出来ない内臓との会話もできちゃいます。
ヒプノセラピストの由美子さん♪毎回、素晴らしい空間を創り演出して頂き感謝です♡ 自然体の声に癒されます...(*´◡`*) 今回もどうもありがとうございました!!

喉の甲状腺から、徐々に各内臓へコンタクトしてゆくのですが、喉元は問題無く、その下の肺へと移動し、 肺は理知的な理性のキャラクター、色は青。インテリみたいなIT、システムエンジニアでした。感情はあまり乏しく表に出さない。
胃はとっても元気でカラーはきいろ。ちゃきちゃきの江戸っ子キャラでノリが良いわ、世間話大好き、こっちは問題無いから、他行った方がいいよ!!と元気元気。みんなの事を大体知っている様な感じで、統括者、リーダーみたいな感じでした。そう言えば昔から食べるのは好きだし、割りと傷んでる物を食べても平気、全然大丈夫なんです。確かに内臓の中でもお腹すく感覚って一番分かりやすいですもんね。
肝臓は40代ぐらいのシブいオジ様で忍耐強く、顔が平たくて眉毛が太くて(?顔も見える?)心配不要、昔は大変な時もあったが今は大丈夫だ、気にするな。と言われました。そうですよねー、以前は、お酒沢山飲んでいましたものね〜、ご迷惑ご苦労お掛けしました、感謝します、と御礼をお伝えしました。
脾臓はランドセル背負ってる様な小さな女の子で無口。そっとこっちを見てたけど、元々おしゃべりは好きじゃなく、話さないからと言って、不平不満が溜まってる訳でも無く、特に平気そうでしたから、そういう子なんだろうな、とそっとしておきました。
腎臓が紫色で針金みたいな灰色をしていて、思わず苦虫を噛んだ様な顔をしてしまいました。 昔から腰痛持ちなんですよね。。 それをヨガで良くして改善したのですが、私の弱いところ、ウィークポイントです。腎臓って水分と塩分濃度、電解質、毒素、老廃物の排除、血液とも関連していて、体の恒常性を保つ器官だけれど、疲弊してた。食事や環境公害から知らない間に摂取している薬品、農薬、ガス、様々な人間の作り出した自然では未処理物質が溜まっているような感じでした。もうちょっと言葉にも出来ないよ、っていう感じ。本当、本当ごめんね。 何でこんな身体にしちゃったんだろう、誰…

大好きなおじいちゃん

おじちゃんが亡くなりました。 御歳94歳。大往生。 ずっとおじいちゃん子で子供の頃から、畑仕事を手伝ったり(手伝うと言っても小学生で鎌を洗ったり、おじいちゃんの作業を見てたりしただけ。)ゲートボールやったり、これも練習してるのを横で見てました。ゲートボールのステッキ?あれは何て言うのかしら?触らして貰ったりして結構難しいのですよね、ゲートボール。 思い出がいっぱい。 いつも笑顔で文句一つ言わず、優しく微笑んでるおじいちゃん。 話すのが大好きで近所に言っても人気者で皆んなと仲良くたのしくおしゃべりしていました。 盛り上げ上手で唄と踊りが得意。面白いのは、おひねりを貰ったり、温泉とか行くとファンがいるらしく??女性陣におひねりを頂いたら、またそのおひねりをその方が歌う時に返すのだそう(笑) 何か良いですよね♪

学生の頃、部活に専念している時はほとんど話しもせず、すれ違いで、特にそれで悲しいとか寂しいとか気にもしていなかったけれど、社会人になってからよく会話する様になりました。 孫の中でも心配な存在だったのか、色々な話をしてくれた様な気がします。 仕事はどう??あやちゃん、何でも3年〜、5年、10年はやらなきゃダメ。教わったら、後は自分で研究するの。←踊りのお稽古は半年間習っただけで、あとは自分でこうしたらいいか、こうだったらいいか、と研究したのだそう。昔はこんなに恵まれていなかったから、農家の仕事をしながら、もう一つ普通に仕事をして、掛け持ちでお母さん達、兄弟を育て上げました。 母方の父、祖父なのですが、母には直接苦労した、心配させたくなかった、という想いがあるのか、孫の私に当時のお金の苦労話も聞かせてくれました。誰だれの〜、○○に頭を下げにいってお金を借りた、とか夜は百円のラーメン一杯食べるのがやっとだったとか、大変だったとか、ね。たぶん娘(母達、兄弟)は知らないんじゃないかな。孫だから、話やすかったのかもしれない。



戦争の話を聞こうか、聞いてみたい想いとは裏腹に話さないと言うことは、話したくない、ということだから決して聞くことは一度もしませんでした。 けれど2〜3年前。ポツリと戦争の話をおじいちゃんがしました。わたしは、初めて聞いた、という思いと少しびっくりしたのか、ほんのポツリ、ポツリと話すぐらいであまり記憶がありません。おじいちゃんも思い出したくなかったから、あまり印象深く話そうと思わ…

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ