スキップしてメイン コンテンツに移動

山へ登って来ました

今年は山に登ってます。
今まで山より断然海派!!で、あまり関心がなかったけれど、仲間が登山をしていて、話を聞いてる内に、次第に、どうなんだろう、おもしろそうだな、まずは試しに登ってみよう!とこの夏は、富士山&甲斐駒ヶ岳というメジャーな山に登頂しました。



ヨガやらないで、登山ばかりしてない??と言われそうですが、登山も広い意味ではヨガです。
体の動かし方や呼吸の仕方、心のモチベーション、扱い方、使い方、ヨガ哲学とも言われる、ヨガの考え方(八支則、沖ヨガだと十支則)が活かされ、精神、身体、呼吸と三密を観てゆく工程はまさにヨガです。
山を登っていると、人生に例えられる様で、ここまで登ってきたのに、まだ登るの??とか、あと、どのぐらい登れば頂上にたどり着くの??と、よく現代人に多いかな、と思うのですが、推し量ってしまったり、答えをすぐ求めてしまう。心の計らいや、先の事への気苦労があると心が疲れちゃう、精神的ダメージになる。
冷静に客観的になって、ただ、登る。
ひたすら一歩一歩、登る。
着実に今の一歩に意識、集中をする。
それを淡々と行って行けば、山は逃げないし(噴火や最悪の天候等にならない限り)確実に辿り着けます。あとは、体調だったり、自分次第。
過去にもとらわれず、未来にもとらわれない。
まさに、今を観る、これぞヨガ。これって冥想でもありますよね。



山へ行く程、ヨガ行者が修業に何故山へ行っていたのかも感じられるし、俗世と離れて、森の中、自然の中に身を置くと自己探求しやすいし、あらゆる俗世のものから解放されます。シンプルになる。
ほぼほぼ、要らないものが多い。不要な物事で悩んでたりして。捨てちゃうとか、忘れちゃうとかすればいい。もしくはその対象への捉え方の変容。
山からの景色を眺めていると、悩みがとってもちっぽけだな、と感じるし、人間ってとても小さな生き物。自然の、地球の生命体の一部、ひとつ。



携帯もSNSも無きゃないでいいし、贅沢なものなんて無くてもいい。コンビニで調達したインスタントラーメンやベーコンが極上の美味しさになって、ホテル級並みの味になる。南アルプスの天然水が絶えず流れていて、いつもお世話になっている水だから、体にも馴染んでるのだけど、主人はそれで麓の南アルプス天然水で作られたウィスキーで割って飲んでいましたけど、とても幸せそうでした笑。
すごく特別な時間で、時間も空間も、全てが何もかも特別になる✨物の価値なんてあってないようなもの。




写真をいくつか載せます。






山で食べるご飯っていつもの何倍も美味しい!!それって、食材というよりかは、どこで、誰と食べるか、の方が重要なのかも。自然の中、親しい仲間と食べるから美味しいんですよね〜(  ´ ▽ ` )♪





これ、私です。笑
動画もあるけど、載せられないから写真で。キツかった〜!!(つД`)ノ
でも、それ以上に楽しい!
ルートは岩場に赤ペンキか何かでざっくり矢じるしが書いてあるだけで分からなかったのだけれど、上級者コースだったみたい笑。ハハ♡
ちょっと途中、まじでヤバイ?Σ(゚д゚lll)ってところとかもあって。
岩肌を、空を隣合わせに登りつつ、後ろを見ればがけっぷち!!
見ない見ない、みたいな、笑。
メンタル、鍛えられましたよ〜。
風もビュ〜ビュ〜!!吹いてて、この手を離したら...みたいな笑。
でもそれさえも楽しんで微笑んでる私って、ちょっとおかしいなって自分でも思いました。人間ってそうやって進化を遂げて何かを越える事を求める生命体なんでしょうね。本能的なものが引き出されます。
体の使い方はヨガや武術から学んできたものや、ボルダリング、子供の頃にアスレチックや木登りで遊びながら体を養なってきた事がここで発揮されました。
とにかく無事に帰って来れてよかったです。



摩利支天を望む。

キャンプ場。
天候は台風を免れました。星が垣間見れて美しかったな。



一緒に行った山岳部チーム、リーダー、ペースメーカー、新参者の私、今回様々な障壁を乗り越えて、山を楽しめたのも皆んなのおかげです!!!


感謝御礼!!



合掌





このブログの人気の投稿

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

そら-空-

全て一度壊そう

春になるとゼロにしてスタートが始まる

ヨガをし始めてから感覚的にそう思うようになった



積み上げて積み上げて経験を膨らまして膨らましてそれでパンパンにした所で


それがどんなものが出来上がるか形になるのか誰にも分からない


夢や目標や目的は

今はキラキラ輝いていても


光が無くなる事だってあるかもしれない


生命の光はいつ宿り消えるか誰にも分からない






色即是空


形が現れては消える

ライオン

サーカスのライオン



サーカスのライオンは


サーカスのライオンになりたかったのか?



なりたくて



そこに居て




サーカスをしているのか?




させられているのか?



殺されそうなのか?

それしかもう術がないのか?


他を知らないのか?



選択肢さえ分からないのか