スキップしてメイン コンテンツに移動

牛とくびき

牛の首のところにつける、くびき。
このくびきに荷車や鋤をつけることで、人や物を運んだり、または農作業をする事が出来る様になる。
このくびきをつける、何かを繋ぐ、という事をヨガ、サンスクリット語でユジュと言って、ヨガの語源、由来のひとつと言われている。
牛は、そのまま何もしなければ、食う、寝る、と当たり前に生きてゆくことに必要な事だけをして過ごしてゆくでしょうが、くびきをつけることによって何かしらの生産性を産んだり、役立つ事を行い、人ととの共存関係が成立する。
お互いに活かし、活かし合う関係。
人も同んなじで食う、寝る、をただ繰り返すだけでは、他人や誰かの為にならないかもしれないが(人間には愛があるから、それでも成り立つ事はあるかもしれない)自己の能力を発揮し、最大限に活かす事で社会との関わりを持てる。




最近、自分を牛に感じた。
ふと、そう思った。
丑年であることに間違いはないが、自分を牛のように感じた。
”何の為にお前を生かしたのだ”と、あの日の私に、目の前にそびえ立つ大きな木がまるで諭すかのように語り掛けた。
それは私の心の声なのかもしれない。
人は一人では生きられず、誰かが、誰かの支えや、足らないものを補い合い、生きている。
ひとりで完璧ならば、誰をも必要としない。それはまた、寂しい。
パズルのピースのように。ピースひとつでは、その絵が何なのか分からない。
皆、重なり合い、隣合う事でひとつの絵が完成する。
その1ピースでさえ、剥がれたり、形が欠けたり、何の絵か分からなかったら、絵は完成しないかもしれない。
花のひとひら。
一枚の花びらでは、それが何の花なのか分からない。
おおきいのか、小さいのか?
どこに咲いて、いつ咲くのか?
花びらがいくつもあって花になる。
茎も根も、葉っぱも、それぞれがあって、ひとつの自然、いのちになる。
マンダラ。
いくつもの円が重なり合いマンダラが描かれる。
時に軸になったり、時に花びらのように咲き開く花にも見える。
折り重なり合いひとつの抽象的なイメージを浮かび上がらせる。
中心だと思っていたところが、ふと形作る淵へと変わる。
自分が軸や中心と感じていたところは他の何かの一端でしかなくなる。
囚われ、解放、転換。変化、調和、安定。



全体の一部。
ひとつの、集合体の一部分。
すべては総じて行えない。
全体像は一人では見えない。
あれもあってこれもあって、それもあって皆あってそこに在るもので、それぞれが織りなす絵が生まれ、花が咲き、それはいのちの、自然の流れの一部となる。




ヨガは自己との繋がり、本来の自分と成ること、そして自己と他者との繋がり。
流れゆく大きな一部分。




OM







このブログの人気の投稿

アクセスバーズ®︎受けてきました

鎌倉SUGATAにて、ヨガの種を蒔いて下さったYuki先生の元へアクセスバーズを受けに行って参りました。



アクセスバーズとは頭の32ポイントに指を当て、それぞれ、ボディ、マネー、コネクション、フォーム等々のポイントに触れて、電子エネルギー、身体のピリピリするところだったり、何か感じるもの、イメージ、身体が熱くなったり、重くなったり、軽くなったりを頭に触れる事で、思考や身体に働きかけてゆくもの(私の初めての解釈)です。
整体や指圧、ヒプノセラピーやヨガの瞑想、民間療法等を経験、体験して、身体の感受性や通りは良いのか、中には寝ちゃう人もいるらしいけれど、半睡眠状態、瞑想状態、意識はあるけれど、それ程意識が先行していない、リラックス状態になっていて、色んな身体感を60分のセッションだったけれど、感じました。


ヨガのインストラクターや、ヨガやってる人、セラピスト、鍼師の方も最近多いのだそうで、私も噂には聞いていました。色んな事に興味があるので、好奇心も多いので予定が合えば、ぜひやろう!と、思ってたところ、ひょっとお休みが出来たところに丁度良く空きもあり予約が出来ました。



身体って、今までの人生の様々な事を経験して憶えている。必要な事もあるけれど、例えば怪我の記憶であったり、虐待の経験、記憶なんて必要の無い事。 何時までも憶えていたら、身体は苦しいだけ。もう忘れて良いのに、憶えているの。 それは、思考、(脳)によって記憶されているものだから、それをクリアリング。脳内デトックス、脳内クレンジング、と言われています。
生きていく上で、そんなものずっと背負ってたら、それだけで疲れちゃうもんね。

過去生の事とか、何回も何回も輪廻転生で もし、もしも生まれ変わってたとしても、どこかで憶えていたら、今を生きれない。 過去のとらわれに気付き、新しい自分にリフレッシュな感じです☺︎


アクセスバーズっていう頭のポイントと、ボディプロセスって言うのもあって、まずはアクセスバーズを受けました。 ボディからやってしまうと、いろいろ身体にとって都合よくないみたい。

何がなんだか、言葉では感じれないけれど、身体はいつでも答えてくれる。 いいよ、 よくないよ、 って。

ご興味ある方は是非ぜひおすすめしますよ〜〜!!♪\( ´▽`)ノ




アクセスバーズ(英文)
http://www.bars.accessco…

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

伊勢へ

お伊勢参りへ行ってきました。
1泊2日の旅。日程の関係で今回は、内宮の方へ行きました。外宮はまた次回。 境内は広々としていて開放感を感じます。歩きました。






神聖な場で、空気、時間が異なる場所のようでした。明治神宮にも似ていると感じました。


風日祈宮も参拝しました。

お伊勢参りは三度は行くべし、というくらいですから、また訪れたいと、思える程素晴らしい場所でした。 連れて行ってくれた友人、ずっと運転をしてくれて、本当、感謝感謝です。


ブラタモリでも先日、伊勢神宮が特集されていて、昔は御師という人がいて、今でいう旅行代理店みたいなもので、コンシェルジェのように伊勢を案内して下さったのだそうです。 当時は数字にして約600程あった御師も今では1件だけ。当時と今では、横丁やメイン通りの場所も違い、住宅地の中にあります。聖俗の境である橋も現在では、普通の道路になっており、時代と共に変わるのだな、と何か不思議な気持ちになりました。知らないで人が通り、車がバンバン通る..地元の人は知っているのでしょうね。


当時のまま宿も残されていて、お屋敷は古いけれど、50人は宿泊できて、まな板やお出迎えの看板から、当時の様子が想像できます。 そんな御師が日本中を駆け回り、今で言えば、営業活動をせっせっとして、伊勢へ行けば御利益あり、お土産も貰える、農業の作業が書かれた暦、カレンダーは大変便利で喜ばれたとか、お札も貰え、お伊勢信仰として大流行したのだそうです。
そんな歴史を知ると楽しいですよね。 なるほど。


天照大御神がいらっしゃる内宮へ行き、お参りが出来て本当よかったです。無事。ほっとしました。


猿田彦神社にもお参りして来ました。 近くにあります。
みちひらきの神様といわれ、八方除けもしてくださる石があるので触れてきました。 芸能やお稽古事にもよい佐瑠女神社があり、境内の中にあるのでそちらにもお参りしました。↑上は、佐瑠女神社。



ヨガで皆様の健康と笑顔を祈願して参りました。




夜の食事。 やっぱり旅は食ですよね〜!! 伊勢うどん。
甘辛のつゆとゆで過ぎ?の麺とで、とっっても美味しかったです!!! ラーメンもうどんも柔らかめが好み(。・ω・。)
まんぷく食堂といってラジオやコンビニ?との共同製作、監修もしてらっしゃるようで商品化もしてるみたいです。おいしかったですよ〜♡♡

神社で禊をした後は、ゲストハウスで刺激を貰いました。 今回、ホテルではなくて…