スキップしてメイン コンテンツに移動

心素

ヨーガスートラの最初に出てくる一文。
”ヨーガは心素を止滅することである”という言葉があります。
心素とは何ぞや?ですが、心素=記憶袋と言われるもので過去の記憶が詰まったものです。
本人が憶えていようがいまいが、その記憶袋の中にはうまれたときから今日までの記憶が詰まっています。
何でも無い時に過去の事をふっと思い出したりしますよね。
忘れていた過去もそこには記憶されています。すべて。
その心素=過去の記憶、を止めて、滅っする。


ヨガのワークや哲学はカタチだけのポーズや歴史をただ暗記するだけでなく人生に活かしていくエッセンスみたいなもので自分の人生や生き方と向き合います。ラジオ体操やストレッチも元々ヨガが元になっていて、潜在意識や無意識層、哲学的な事はセミナーやワークショップでしきりに流行の一部として取り入れられていますがヨガの源流から取り出した一部かな、と思います。何千年と人間について研究されていますからね。
ヨガの瞑想やワークは内省や客観性、俯瞰的に身体と心を紐解いてゆきます。
子ども時代の頃、母との関係性、過去の記憶、捉われが今の自分を作り出していたり、ある意味マイナスにもなって固定観念や縛り、捉われになっていることも少なくありません。子供の頃の体験が強く残って大人になってから克服する事は大変な事かもしれません。心理、トラウマ、虐待や精神的苦痛など過去の出来事に心が苦しみ続ける事は悲しい事ですが、現実にあって多かれ少なかれ誰にとっても他人に何かをしてもらい支えられて時には傷付き人生を歩んで来ていると思います。
忘れようと思って努めて忘れたことや只忘れてしまった出来事や良き想い出としていつまでも秘めておきたい事など様々な感情が身体の中を過ぎ去ってきた事でしょう。



私もすっかり忘れていたのに幼児の頃の記憶をふっと思い出しました。
幼稚園から小学生に上がった時。
姉である自分は妹が居るからお姉ちゃんでなければならない、甘えずに我慢しなくてはならない、お姉ちゃんにならなきゃ、と思っていました。本当はお父さんにまだおんぶがしてもらいたかったんです。でも小学生になったらもうお姉さんになるんだから卒業だよ、と言われてちゃんと我慢しました。けれど妹も小学校一年生になった時、妹はまだおんぶをしてもらっていて、何で?何故妹はまだおんぶして貰えるの??と子供ながらに妹ばっかり、私はいつも我慢しなくはならないの、と思ったのでした。末っ子は可愛がって貰える、と感じたんです。
大人になって、そんなこと、とうに忘れてしまっていて、当たり前のように普通の日常を過ごしていて、先日、妹に2人目の甥っ子が産まれるという安定期に入ったそんな時。
母が妹に対して言った何気ない言葉。
「うえの子は、したの子より可愛いがってあげなくちゃダメだよ」
と、言いました。
教育に関して、私たちの子育てに関して一切ああしてきた、こうしてきた、何々をしてあげた、とは一度も言った事が無い母親。はじめて私達をどうやって育てたのか、どんな思いで育てたのかをほんの一握りだけれど本当にささいな一言だけれど、ガツーンとショックを受けるようなびっくりする面持ちで横で聞いたのでした。私に直接言った言葉ではありません。孫が生まれて母としてすべき事はこうだよ、こうした方が良いよ、というアドバイスでした。
「ああ、母は私の事を可愛いがってくれてたんだ、妹ばっかりでなくて、私の事もちゃんと考えてくれていたんだ」と初めて、そこで気付きました。
子供だから分からなかったんです。
幼かったから自分の事しか考えられなかったから見えなかったんです。
大人になってから分かる事って良いな、って思いました。
とっても仲が良い!っていう程の親子でもないけれど、やっぱりどこか似ているし、会うと元気になるし落ち着くし、身内だからイライラすることもあるけれど、でも私を想って育ててくれてたんだな、って今更ながら30歳になって母の想いが時間を掛けて伝わった気がしました。
スピリチュアルの世界だとインナーチャイルドとか潜在意識とか無意識とか本人が思い出せない位の過去の記憶が今でも本人の気付かないところでうずいている、そんな事ってあるんです。
だから反発してしまったり。
でも、そうやって過去の記憶、心素=心の記憶袋をもう一度開いて、見直してみたら、こんな心の欠片があった、って気付くかも。
血がちょっと出るようなガラスの破片だったかもしれないものが、角が無くなってまあるくなってキラキラ光るガラスに変わるかも。昇華、浄化って言うのかな。




お母さん、ありがとう。ずっと気付かないでごめんね。ありがとう。ありがとう。







このブログの人気の投稿

夏休み日記①

夏休みいかがお過ごしでしたか?

大人になると、中々長期のお休みは取りづらいもの。私もロングバケーションとはいかないものの色々遊びに行きました。ヨガして、富士山行って、海行って。大人になって、遊ぶって良いですよね♪意味も複合的になって、遊び方も色々。 ただ、楽しむ、段階からもう一つ超えて、仕事も楽しむ。 ヨガやお仕事に関して言えば、仕事とプライベートとをきっちり分けていません。仕事もプライベートも生き方そのものが人生と直結しています。仕事は責任を伴いますし、いわゆるただの遊びとか、テキトーでは決してあり得ません。貴重な時間とお金を頂戴していますし、すべき事、やるべき事、自分が知り得る限り出来得る限りを全力でやっています。そしてそれゆえに楽しい♪ 7月下旬〜8月末に掛けてイベントが満載、満喫な夏で、たくさんの方々と会いました。ブログに書きたかったけれど、あまりに日にちが短期間的に、スパスパ!進むので、後で書こう、、と気付けば今日になりました。宿題提出な今日です。笑


8月上旬のパークヨガ。 外ヨガは気持ち良くって、風も心地よいし、初開催だったのだけれど、男性の方が多くご参加して下さって。嬉しい限り♪男性もヨガオススメですよ〜。現代社会の競争社会ではヨガいいですよ、フィジカル、メンタル共に最適化じゃないかしら、と個人的には感じています。


写真を一部。 臨港パーク。広くて、芝が気持ちいい。
ペアヨガ♪


各種ポーズ、ペアヨガ、呼吸法、くつろぎ等行いました。 ある程度、内容やプログラムは考えていますが、ご参加して下さった方に適わせて進めています。練習、トレーニングも一緒に今回、企画主催をした、ゆっちゃんとみっちり行って本番を迎えましたが、その場で生まれるもの、臨機応変に、そういった事を大切にしたいなー、と常々思っていて、こんな自由なところを理解をしてくれている心の広いゆっちゃんに感謝です(o^—^)ノありがとう!!



長谷寺へも行きました。 昨年も、前々年位〜だったかな?細かくは思い出せないけれど、長谷観音様へご祈願をさせて頂いてから、道が拓けて来たので、そんな経緯から、節目毎に御礼参り、御祈願参りに行っています。
今回、おみくじ大吉でした。 それで良いですよ〜、と言って貰えているようで、ここ三年間は何者かわからない私のような人間を周りの方々に支えて頂き、経験も実績も何も無い者が人様の前に立って、実践しながら…

内臓の個性、キャラクター

先日のヒプノとヨガのコラボレーションWSのご報告。
面白かったですよ~。私の内臓達は皆んな個性的でキャラ立ちしていました(笑)
ヒプノは夢を見ている様な感じで、普段出来ない内臓との会話もできちゃいます。
ヒプノセラピストの由美子さん♪毎回、素晴らしい空間を創り演出して頂き感謝です♡ 自然体の声に癒されます...(*´◡`*) 今回もどうもありがとうございました!!

喉の甲状腺から、徐々に各内臓へコンタクトしてゆくのですが、喉元は問題無く、その下の肺へと移動し、 肺は理知的な理性のキャラクター、色は青。インテリみたいなIT、システムエンジニアでした。感情はあまり乏しく表に出さない。
胃はとっても元気でカラーはきいろ。ちゃきちゃきの江戸っ子キャラでノリが良いわ、世間話大好き、こっちは問題無いから、他行った方がいいよ!!と元気元気。みんなの事を大体知っている様な感じで、統括者、リーダーみたいな感じでした。そう言えば昔から食べるのは好きだし、割りと傷んでる物を食べても平気、全然大丈夫なんです。確かに内臓の中でもお腹すく感覚って一番分かりやすいですもんね。
肝臓は40代ぐらいのシブいオジ様で忍耐強く、顔が平たくて眉毛が太くて(?顔も見える?)心配不要、昔は大変な時もあったが今は大丈夫だ、気にするな。と言われました。そうですよねー、以前は、お酒沢山飲んでいましたものね〜、ご迷惑ご苦労お掛けしました、感謝します、と御礼をお伝えしました。
脾臓はランドセル背負ってる様な小さな女の子で無口。そっとこっちを見てたけど、元々おしゃべりは好きじゃなく、話さないからと言って、不平不満が溜まってる訳でも無く、特に平気そうでしたから、そういう子なんだろうな、とそっとしておきました。
腎臓が紫色で針金みたいな灰色をしていて、思わず苦虫を噛んだ様な顔をしてしまいました。 昔から腰痛持ちなんですよね。。 それをヨガで良くして改善したのですが、私の弱いところ、ウィークポイントです。腎臓って水分と塩分濃度、電解質、毒素、老廃物の排除、血液とも関連していて、体の恒常性を保つ器官だけれど、疲弊してた。食事や環境公害から知らない間に摂取している薬品、農薬、ガス、様々な人間の作り出した自然では未処理物質が溜まっているような感じでした。もうちょっと言葉にも出来ないよ、っていう感じ。本当、本当ごめんね。 何でこんな身体にしちゃったんだろう、誰…

聖なる呼吸

聖なる呼吸、映画を観てきました。
面白かったです。現代ヨガの父、クリシュナマチャリア氏、その弟子、パタビジョイス氏とアイアンガー氏。
2人の弟子は同じ師を持ちながら、異なるヨガスタイルを現代に伝え広めました。
家族やつながりを持つ人達へ、監督が直接、取材、お話しをお伺いし、監督自身もヨギーとして、ヨガとは何なのかを探す路のり、旅のはじまりの映画です。全編ドキュメンタリー。
途中、再現VTRもあったかな。

私自身が3人にイメージしていた風と、人柄とが違って、作品、演出には細部に散りばめられた、人間味溢れる、情熱や生命の息吹が強く感じられ、とても親近感が沸く、終始そんな感じでした。
ヨガに限らず、何でもそうかもしれませんが、師や先生が絶対ではないし、とても尊敬し、偉大であることに変わりはないのだけれど、時に神格化し過ぎて、自身の考えやすべてを相手にゆだねる事は危険です。科学も医学も絶対じゃない。それと似ています。自分の頭で考え行動する、それこそヨガです。
アイアンガー氏が、クリシュナマチャリア氏の元に15~20日間しか一緒に過ごさず、ある理由から、離れたこと、衝撃的でしたし、その不運?によって、自分のスタイルのヨガが確立され、信念と共に多くのヨギー、ヨギーニがうまれ、ヨガの認知が不気味なあやしいものから、解剖学を取り入れた、現代式へとブラッシュアップされたのでした。



映画を観ている最中から、何度か涙が頬を伝いました。
それは、師たちへの敬意や映像で観れた事への感動とはまた少しちがうところでの心の動き、私自身の人生背景からの涙でした。
人生での最初の挫折から、スポーツへの拒否、運動することへの否定(心の作用、不調)、そんな経験を経て、ヨガに出会ってから、もう一度運動する事への楽しさ、素晴らしさ、私にとってからだを動かすこと、それは人生そのものでもあるからとても重要で、それに気付き、自分の心を取り戻せた、生命の息吹を取り戻した、唯一の心の薬みたいなものがヨガでした。



日本ではヨガブームがまだ続いているようだけれど、その流行に乗ってヨガに出会えた事にも感謝しましたし、3人のヨギーがいければ、ヨガにおそらく出会えてなかったかな、と思ったし、私の師の師もアイアンガー氏と交流があって、少なからず私のヨガにはその流れが残っている、その流れ自体、継承されてきた、それぞれの師の想いや追…