スキップしてメイン コンテンツに移動

goal


4/5のWS後。
鎌倉にて海を見て、江ノ電に乗り、七里ヶ浜で下車した後、江ノ島まで海沿いを歩いて帰りました。

2時間ぐらい歩いたと思います。

そんなに長くは感じませんでした。

倍音の音で全身が浄化され、詰まるものがなくなりました。
浜辺を裸足で歩きながら、鼻歌まじりに進みます。
波の音でうたっている声など周囲のひとには聴こえません。
大きな声で歌っていました。
音楽というより、音を聴いた後。
鼻歌も音から始まり、いのちの起源から、海、陸へ、そしてひとへ辿るような、音から音楽への鼻歌へ変わります。


ダイヤモンド富士が最後に迎えてくれました。

夕焼けなんて、久しぶりに見て、だんだんと赤く染まっていく景色を見たことは無いに等しいかもしれません。
最初から最後まで、日が暮れ行くのを見届けた後、終わったな、とふと思いました。
夕暮れが私に教えてくれたような、こんな景色を見せてくれた意味のような。
なぜだか、ふと幕が閉じた、と感じ、私自身に告げてくれたような気がしました。

数日後。
いろんな身の周りのものたちが別れを告げています。
携帯の画面が破損しました。
いつも持ち歩いているハンカチタオルも数枚、私の手元からなくなっています。
服、物質などなど手元から放れていきます。
物質の循環が始まっているようです。
今まで持っていたものを手放して新しい出会いをしましょう、という流れのようです。
いつまでも自分だけの手元に置いておくべきではありません、と。
物も、知識も、知恵も、愛情も、お金も持っている限りを出して、他の為に回しなさい、循環させた方が良い、その順番が今自分に来ているのですよ、と感じました。
執着しない。
求めない。
必要なものは必要なだけ巡ってくるし、必要ないものは手元から放れていく。自然の摂理と一緒のようです。


さて、とても感動したことがふたつありました。

地球交響曲の2番だけ観ていなかったのですが、先日観ました。
佐藤初女さんの本は読んだ事があったのですが、お話される姿をはじめて見ました。
とても優しい方です。
森のイスキアというところで悩める人たちを迎え入れ、料理を食べると皆癒され回復していく、前向きになる、そんな活動をずっとされている方です。
地球交響曲の中でお話されていた言葉です。
祈りは手を合わせるだけで、祈りにはなるけれども、それは静の祈りです、その祈りをしても、その人は幸せにはなりません、何も変わりません、だから私は手料理をつくるんです、その人のことを想いながら作るんです、動の祈り、生活のすべてが祈りなんです。
という言葉です。
とても感動しました。
誰かを想い、料理をつくる姿に。誰かを想い行動する姿に。
とても美しいと思いました。
初女さんにとっては料理だったのだと思います。
ひとが仕事に向き合うとき、そんな想いで取り組めたら、とても幸せですてきな事だと思います。
愛のある行動と共に生きていきたいです。


主人の話。
主人は古武術を基盤とした身体操作の研究をしていますが、それ以外にも医王会という故増永静人氏がつくられた指圧を学んでいます。世に広まっている整体、指圧とはすこし違い、とても繊細な微細なところでの身体感覚、身体の見方をします。
言葉で言うのは難しいのですが、その増永指圧と野口整体の両方を混ぜて、ひとをみる目、手があるので、昨日私自身が受けたのですが、身体が風邪を引き、不調だったところ、回復の方へ向かっています。
主に手を当て、悪いところは冷えて冷風を感じるようで、そこに愉気というものをしてもらい、背中の胸椎5番のズレを直してもらった後、自分でも分かったのですが、みるみる背中から軽くなり、私は体癖ですと、5種に属するので腰椎1番、5番の動き、そして腰椎3番の動きがわるくなると体調不良になるのですが、そこの部分がふっと軽くなり、動きを取り戻しました。
細胞が復活した感覚です。
都合により、寒いところで数時間過ごした為に、身体の芯まで冷え、風邪を引いた訳ですが、自分自身ではどうにも回復の兆しが見えず、身体が休養を求めていたところ、その手当てがきっかけとなり、細胞から元気になったのでした。
冷えと、ちょっとした背骨の何ミリかのズレ。
その些細な事で身体は他の機能するところも働かなくなります。
むりも気合いでできるでしょうが、身体の反応とは意に反します。
あの高速の回復には驚きました。
例えると、病院であまりに体調不良になり、点滴した後すごく元気になるときのような。
薬に頼ってしまうと、結局、今度は薬の副作用によって病気になります。
本来持っているもの、細胞レベルで回復する、元気になる、というのがいちばん大切なことのように思います。
薬によって抑制する、過剰にさせる、そんなものではなく。
自己治癒というものを知って欲しい、感じてほしい、と心より願います。
そんな力を本来皆もっています。







ゼロの場所。
終わって、ゼロになって、始まる、スタート。

そんな場所、湘南。海。

このブログの人気の投稿

アクセスバーズ®︎受けてきました

鎌倉SUGATAにて、ヨガの種を蒔いて下さったYuki先生の元へアクセスバーズを受けに行って参りました。



アクセスバーズとは頭の32ポイントに指を当て、それぞれ、ボディ、マネー、コネクション、フォーム等々のポイントに触れて、電子エネルギー、身体のピリピリするところだったり、何か感じるもの、イメージ、身体が熱くなったり、重くなったり、軽くなったりを頭に触れる事で、思考や身体に働きかけてゆくもの(私の初めての解釈)です。
整体や指圧、ヒプノセラピーやヨガの瞑想、民間療法等を経験、体験して、身体の感受性や通りは良いのか、中には寝ちゃう人もいるらしいけれど、半睡眠状態、瞑想状態、意識はあるけれど、それ程意識が先行していない、リラックス状態になっていて、色んな身体感を60分のセッションだったけれど、感じました。


ヨガのインストラクターや、ヨガやってる人、セラピスト、鍼師の方も最近多いのだそうで、私も噂には聞いていました。色んな事に興味があるので、好奇心も多いので予定が合えば、ぜひやろう!と、思ってたところ、ひょっとお休みが出来たところに丁度良く空きもあり予約が出来ました。



身体って、今までの人生の様々な事を経験して憶えている。必要な事もあるけれど、例えば怪我の記憶であったり、虐待の経験、記憶なんて必要の無い事。 何時までも憶えていたら、身体は苦しいだけ。もう忘れて良いのに、憶えているの。 それは、思考、(脳)によって記憶されているものだから、それをクリアリング。脳内デトックス、脳内クレンジング、と言われています。
生きていく上で、そんなものずっと背負ってたら、それだけで疲れちゃうもんね。

過去生の事とか、何回も何回も輪廻転生で もし、もしも生まれ変わってたとしても、どこかで憶えていたら、今を生きれない。 過去のとらわれに気付き、新しい自分にリフレッシュな感じです☺︎


アクセスバーズっていう頭のポイントと、ボディプロセスって言うのもあって、まずはアクセスバーズを受けました。 ボディからやってしまうと、いろいろ身体にとって都合よくないみたい。

何がなんだか、言葉では感じれないけれど、身体はいつでも答えてくれる。 いいよ、 よくないよ、 って。

ご興味ある方は是非ぜひおすすめしますよ〜〜!!♪\( ´▽`)ノ




アクセスバーズ(英文)
http://www.bars.accessco…

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

聖なる呼吸

聖なる呼吸、映画を観てきました。
面白かったです。現代ヨガの父、クリシュナマチャリア氏、その弟子、パタビジョイス氏とアイアンガー氏。
2人の弟子は同じ師を持ちながら、異なるヨガスタイルを現代に伝え広めました。
家族やつながりを持つ人達へ、監督が直接、取材、お話しをお伺いし、監督自身もヨギーとして、ヨガとは何なのかを探す路のり、旅のはじまりの映画です。全編ドキュメンタリー。
途中、再現VTRもあったかな。

私自身が3人にイメージしていた風と、人柄とが違って、作品、演出には細部に散りばめられた、人間味溢れる、情熱や生命の息吹が強く感じられ、とても親近感が沸く、終始そんな感じでした。
ヨガに限らず、何でもそうかもしれませんが、師や先生が絶対ではないし、とても尊敬し、偉大であることに変わりはないのだけれど、時に神格化し過ぎて、自身の考えやすべてを相手にゆだねる事は危険です。科学も医学も絶対じゃない。それと似ています。自分の頭で考え行動する、それこそヨガです。
アイアンガー氏が、クリシュナマチャリア氏の元に15~20日間しか一緒に過ごさず、ある理由から、離れたこと、衝撃的でしたし、その不運?によって、自分のスタイルのヨガが確立され、信念と共に多くのヨギー、ヨギーニがうまれ、ヨガの認知が不気味なあやしいものから、解剖学を取り入れた、現代式へとブラッシュアップされたのでした。



映画を観ている最中から、何度か涙が頬を伝いました。
それは、師たちへの敬意や映像で観れた事への感動とはまた少しちがうところでの心の動き、私自身の人生背景からの涙でした。
人生での最初の挫折から、スポーツへの拒否、運動することへの否定(心の作用、不調)、そんな経験を経て、ヨガに出会ってから、もう一度運動する事への楽しさ、素晴らしさ、私にとってからだを動かすこと、それは人生そのものでもあるからとても重要で、それに気付き、自分の心を取り戻せた、生命の息吹を取り戻した、唯一の心の薬みたいなものがヨガでした。



日本ではヨガブームがまだ続いているようだけれど、その流行に乗ってヨガに出会えた事にも感謝しましたし、3人のヨギーがいければ、ヨガにおそらく出会えてなかったかな、と思ったし、私の師の師もアイアンガー氏と交流があって、少なからず私のヨガにはその流れが残っている、その流れ自体、継承されてきた、それぞれの師の想いや追…