スキップしてメイン コンテンツに移動

宇宙の旅

映画の地球交響曲は、昨年、明治神宮にて第六番を観ました。
出演されている方の生演奏も聴けて、あの空間で身体全体で受け取る波動のようなものは何とも言えません。
振動です。

ずっと観たかった地球交響曲をご縁があり、DVDをお借りして、観させて頂いています。
心より感謝しております。
第一番のトマト栽培の植物学者の方から、宇宙飛行士の方まで異業種、幅広い分野の方が出演されていますが、通ずるものがあります。

テクノロジーとひとの方向性。
地球や自然に教わる姿勢といえばよいのでしょうか。
人間界のことだけでなく、一歩先へ、何歩先へも進んで、どの方も地球規模で考えています。
地球というひとつの生命体として。

映画は毎週のように借りている時期もありましたが、中でもキューブリック監督作品の2001年宇宙の旅のラストシーンが理解できないでいました。
今回、地球交響曲を観て何となく、あぁ、この事を言っていたのかなぁ、と思いました。

地球は大気を覆ったオゾン層があります。
それは人間、赤ちゃんでいうと、子宮の膜のようなものです。
それに守られて私たちは暮らしています。
地球はひとつの生命体のようなもの。
アポロ9号、宇宙飛行士ラッセル氏の言葉です。
全くの引用ではないのですが、このようなことをお話されていました。

あのシーンはこの事に当てはまるのかなぁ、と謎が解けたような気がしました。

あの話も人間が創りだしたHALという高性能の機械と人間の宇宙の旅。
人間の創り出した文明、発展とそのテクノロジーによって、機械も人間のように判断が出来、一種の感情のようなものも持ち、人間のいのちを脅かす。
自分自身の創り出したものによって破滅へと向かう。

手塚治虫の火の鳥でもこのような話がありました。

話は飛びますが、色々つながります。
人間としての方向性。

野口晴哉先生の本でお話されている、体癖論から集中欲求と鬱散欲求というのがあります。
子どもでも大人でもあるのですが、子どもの方が分かりやすいかもしれません。
何回言ってもわるいことを辞めない。
言っても分からない。
何故だろう、と大人は思います。
子どもにとっては、要は怒られようが褒められようが、どちらでも構わないのです。
集中欲求を持っている子はただ自分というものへの意識をこちらに向けたいのです。
鬱散欲求はそれとは違い、外へ出すエネルギーです。
身体を動かしたい、泣きたい、遊びたい、など発散するエネルギーです。

何にせよ、ひとは動き続けますし、出したり、欲したり、身体から成る心の作用など様々なもので生命が成り立っています。
どちらも、我、此処に在り、という人間の本質です。

ひとのあらゆる物事やエネルギーは、正しい方向で使うべきですし、その物事の持つ意味や価値を理解して、上手く利用、応用、循環といえばよいのでしょうか。そうすることがたいせつなのだと思います。

ひとの持つ力の方向性と、地球という命とのつながり。
共存。調和。平和。


また話は移り、台湾へ行く途中の飛行機内。
それはまさしく空にはいますが、宇宙に近づいているともいえます。
大気圏内ではありますが、音が聴こえた気がしたのです。
それは脳内なのか、心からなのか、何処からなのか分からないですが、その空はとても静かで静寂、高い高度のところだったのだと思います。
三音聴こえたのです。
それぞれひとつのときもあれば、二音重なり、三音の和音にもなりました。
耳には聴こえない音。
地球の大気圏と宇宙との間のところでしかない世界で。
30分くらいだったと思います。
とても心地よかったです。

今週は、マントラアサナを太陽礼拝をしながら行なったのですが、音による人の身体への影響はとても不思議で、地球交響曲にも出てきますが、インドの言葉にあるナーダ イズ ゴッド。
音は神である。
計り知れない何かが、私たちを覆っている感覚。
AOUMを唱えながら、アサナをしながらのひととき

空間にある波動が、ひとの身体でも何であったとしても感応、反応して、それが音になる。
音として表される、という感じでしょうか。
場にある波動を音で表すとこんな感じ、というような風に音は生まれる、段階を踏むのかな、と思いました。

地球交響曲、第八番。
サブタイトルは、ナーダブラフマー。
音こそ神なり。
今、調べて知りました。



OM





















このブログの人気の投稿

内臓の個性、キャラクター

先日のヒプノとヨガのコラボレーションWSのご報告。
面白かったですよ~。私の内臓達は皆んな個性的でキャラ立ちしていました(笑)
ヒプノは夢を見ている様な感じで、普段出来ない内臓との会話もできちゃいます。
ヒプノセラピストの由美子さん♪毎回、素晴らしい空間を創り演出して頂き感謝です♡ 自然体の声に癒されます...(*´◡`*) 今回もどうもありがとうございました!!

喉の甲状腺から、徐々に各内臓へコンタクトしてゆくのですが、喉元は問題無く、その下の肺へと移動し、 肺は理知的な理性のキャラクター、色は青。インテリみたいなIT、システムエンジニアでした。感情はあまり乏しく表に出さない。
胃はとっても元気でカラーはきいろ。ちゃきちゃきの江戸っ子キャラでノリが良いわ、世間話大好き、こっちは問題無いから、他行った方がいいよ!!と元気元気。みんなの事を大体知っている様な感じで、統括者、リーダーみたいな感じでした。そう言えば昔から食べるのは好きだし、割りと傷んでる物を食べても平気、全然大丈夫なんです。確かに内臓の中でもお腹すく感覚って一番分かりやすいですもんね。
肝臓は40代ぐらいのシブいオジ様で忍耐強く、顔が平たくて眉毛が太くて(?顔も見える?)心配不要、昔は大変な時もあったが今は大丈夫だ、気にするな。と言われました。そうですよねー、以前は、お酒沢山飲んでいましたものね〜、ご迷惑ご苦労お掛けしました、感謝します、と御礼をお伝えしました。
脾臓はランドセル背負ってる様な小さな女の子で無口。そっとこっちを見てたけど、元々おしゃべりは好きじゃなく、話さないからと言って、不平不満が溜まってる訳でも無く、特に平気そうでしたから、そういう子なんだろうな、とそっとしておきました。
腎臓が紫色で針金みたいな灰色をしていて、思わず苦虫を噛んだ様な顔をしてしまいました。 昔から腰痛持ちなんですよね。。 それをヨガで良くして改善したのですが、私の弱いところ、ウィークポイントです。腎臓って水分と塩分濃度、電解質、毒素、老廃物の排除、血液とも関連していて、体の恒常性を保つ器官だけれど、疲弊してた。食事や環境公害から知らない間に摂取している薬品、農薬、ガス、様々な人間の作り出した自然では未処理物質が溜まっているような感じでした。もうちょっと言葉にも出来ないよ、っていう感じ。本当、本当ごめんね。 何でこんな身体にしちゃったんだろう、誰…

大好きなおじいちゃん

おじちゃんが亡くなりました。 御歳94歳。大往生。 ずっとおじいちゃん子で子供の頃から、畑仕事を手伝ったり(手伝うと言っても小学生で鎌を洗ったり、おじいちゃんの作業を見てたりしただけ。)ゲートボールやったり、これも練習してるのを横で見てました。ゲートボールのステッキ?あれは何て言うのかしら?触らして貰ったりして結構難しいのですよね、ゲートボール。 思い出がいっぱい。 いつも笑顔で文句一つ言わず、優しく微笑んでるおじいちゃん。 話すのが大好きで近所に言っても人気者で皆んなと仲良くたのしくおしゃべりしていました。 盛り上げ上手で唄と踊りが得意。面白いのは、おひねりを貰ったり、温泉とか行くとファンがいるらしく??女性陣におひねりを頂いたら、またそのおひねりをその方が歌う時に返すのだそう(笑) 何か良いですよね♪

学生の頃、部活に専念している時はほとんど話しもせず、すれ違いで、特にそれで悲しいとか寂しいとか気にもしていなかったけれど、社会人になってからよく会話する様になりました。 孫の中でも心配な存在だったのか、色々な話をしてくれた様な気がします。 仕事はどう??あやちゃん、何でも3年〜、5年、10年はやらなきゃダメ。教わったら、後は自分で研究するの。←踊りのお稽古は半年間習っただけで、あとは自分でこうしたらいいか、こうだったらいいか、と研究したのだそう。昔はこんなに恵まれていなかったから、農家の仕事をしながら、もう一つ普通に仕事をして、掛け持ちでお母さん達、兄弟を育て上げました。 母方の父、祖父なのですが、母には直接苦労した、心配させたくなかった、という想いがあるのか、孫の私に当時のお金の苦労話も聞かせてくれました。誰だれの〜、○○に頭を下げにいってお金を借りた、とか夜は百円のラーメン一杯食べるのがやっとだったとか、大変だったとか、ね。たぶん娘(母達、兄弟)は知らないんじゃないかな。孫だから、話やすかったのかもしれない。



戦争の話を聞こうか、聞いてみたい想いとは裏腹に話さないと言うことは、話したくない、ということだから決して聞くことは一度もしませんでした。 けれど2〜3年前。ポツリと戦争の話をおじいちゃんがしました。わたしは、初めて聞いた、という思いと少しびっくりしたのか、ほんのポツリ、ポツリと話すぐらいであまり記憶がありません。おじいちゃんも思い出したくなかったから、あまり印象深く話そうと思わ…

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ