スキップしてメイン コンテンツに移動

宇宙の旅

映画の地球交響曲は、昨年、明治神宮にて第六番を観ました。
出演されている方の生演奏も聴けて、あの空間で身体全体で受け取る波動のようなものは何とも言えません。
振動です。

ずっと観たかった地球交響曲をご縁があり、DVDをお借りして、観させて頂いています。
心より感謝しております。
第一番のトマト栽培の植物学者の方から、宇宙飛行士の方まで異業種、幅広い分野の方が出演されていますが、通ずるものがあります。

テクノロジーとひとの方向性。
地球や自然に教わる姿勢といえばよいのでしょうか。
人間界のことだけでなく、一歩先へ、何歩先へも進んで、どの方も地球規模で考えています。
地球というひとつの生命体として。

映画は毎週のように借りている時期もありましたが、中でもキューブリック監督作品の2001年宇宙の旅のラストシーンが理解できないでいました。
今回、地球交響曲を観て何となく、あぁ、この事を言っていたのかなぁ、と思いました。

地球は大気を覆ったオゾン層があります。
それは人間、赤ちゃんでいうと、子宮の膜のようなものです。
それに守られて私たちは暮らしています。
地球はひとつの生命体のようなもの。
アポロ9号、宇宙飛行士ラッセル氏の言葉です。
全くの引用ではないのですが、このようなことをお話されていました。

あのシーンはこの事に当てはまるのかなぁ、と謎が解けたような気がしました。

あの話も人間が創りだしたHALという高性能の機械と人間の宇宙の旅。
人間の創り出した文明、発展とそのテクノロジーによって、機械も人間のように判断が出来、一種の感情のようなものも持ち、人間のいのちを脅かす。
自分自身の創り出したものによって破滅へと向かう。

手塚治虫の火の鳥でもこのような話がありました。

話は飛びますが、色々つながります。
人間としての方向性。

野口晴哉先生の本でお話されている、体癖論から集中欲求と鬱散欲求というのがあります。
子どもでも大人でもあるのですが、子どもの方が分かりやすいかもしれません。
何回言ってもわるいことを辞めない。
言っても分からない。
何故だろう、と大人は思います。
子どもにとっては、要は怒られようが褒められようが、どちらでも構わないのです。
集中欲求を持っている子はただ自分というものへの意識をこちらに向けたいのです。
鬱散欲求はそれとは違い、外へ出すエネルギーです。
身体を動かしたい、泣きたい、遊びたい、など発散するエネルギーです。

何にせよ、ひとは動き続けますし、出したり、欲したり、身体から成る心の作用など様々なもので生命が成り立っています。
どちらも、我、此処に在り、という人間の本質です。

ひとのあらゆる物事やエネルギーは、正しい方向で使うべきですし、その物事の持つ意味や価値を理解して、上手く利用、応用、循環といえばよいのでしょうか。そうすることがたいせつなのだと思います。

ひとの持つ力の方向性と、地球という命とのつながり。
共存。調和。平和。


また話は移り、台湾へ行く途中の飛行機内。
それはまさしく空にはいますが、宇宙に近づいているともいえます。
大気圏内ではありますが、音が聴こえた気がしたのです。
それは脳内なのか、心からなのか、何処からなのか分からないですが、その空はとても静かで静寂、高い高度のところだったのだと思います。
三音聴こえたのです。
それぞれひとつのときもあれば、二音重なり、三音の和音にもなりました。
耳には聴こえない音。
地球の大気圏と宇宙との間のところでしかない世界で。
30分くらいだったと思います。
とても心地よかったです。

今週は、マントラアサナを太陽礼拝をしながら行なったのですが、音による人の身体への影響はとても不思議で、地球交響曲にも出てきますが、インドの言葉にあるナーダ イズ ゴッド。
音は神である。
計り知れない何かが、私たちを覆っている感覚。
AOUMを唱えながら、アサナをしながらのひととき

空間にある波動が、ひとの身体でも何であったとしても感応、反応して、それが音になる。
音として表される、という感じでしょうか。
場にある波動を音で表すとこんな感じ、というような風に音は生まれる、段階を踏むのかな、と思いました。

地球交響曲、第八番。
サブタイトルは、ナーダブラフマー。
音こそ神なり。
今、調べて知りました。



OM





















このブログの人気の投稿

夏のイベントお知らせ

暑いですね。ムシムシと。暑いのは好きです。一番好きな夏がやって来ました。

夏のイベント準備しております。 Facebookでも告知させて頂いておりますが、ヨガとヒプノセラピーのイベントをやります。初の試み! 今回、いつもヨガでお世話になっている卓球スクール夢想塾http://ameblo.jp/musou-juku/の由美子さんと行います。かれこれ5〜6年のお付き合いをさせて頂いていて、ヨガも卓球も飲みに行ったりヨモギ蒸し行ったり仲良くさせて頂き沢山勉強させて頂いています。そして、初めてヨガ講師として招いて下さった方なのです!!!(ご夫妻)感謝は言葉では言い尽くせません。私のヨガインストラクターの道を開いて下さったと言っても過言ではありません。 大きな信頼を寄せている、尊敬する由美子さんとのコラボレーションの開催、私自身、とても嬉しいですし楽しみです。ワクワク♡

ヒプノセラピーは米国が進んでいるようで、先進国程セラピーの必要性があり、経済優先になると心が蔑ろにされる事が影響になるのか、精神病がランキングの上位に上がります。日本もガン、脳梗塞、に次いで〜精神病が上位5位には入っていたと記憶しています。文明先進国程、ヨガも取り入れられて流行して、拡がりをみせています。インドはほぼ逆輸入の形でヨガが流行している様です。セラピーでは潜在意識にフォーカスしていきますが、人間の意識は、意識化しているものと無意識の内に行っているものとがあります。行動、動作、発言、感情の一端一端は、それが意識化か、無意識かに分かれます。それが他人や外からは分かりませんし、本人でさえ気付いてない状態もあります。故に、それが無意識と言えます。近頃、潜在意識、無意識層に関連するセミナーが開かれていたり、企業でも経営に活かす為に、人間そのものをつよくする、良くする方向へと社会全体が変化してきた様に思います。 FacebookやGoogle、NIKEなど大手企業がマインドフルネス、日本の禅を取り入れ経営に活かす目的に行われています。http://president.jp/articles/-/17582?display=bスティーブジョブズも冥想を取り入れていました。 結局は会社も人で作られているので、個人個人の能力を発揮するには本来の人間そのものを全体的に、総合的に良くする、能力開発する事が4000〜5000、800…

伊勢へ

お伊勢参りへ行ってきました。
1泊2日の旅。日程の関係で今回は、内宮の方へ行きました。外宮はまた次回。 境内は広々としていて開放感を感じます。歩きました。






神聖な場で、空気、時間が異なる場所のようでした。明治神宮にも似ていると感じました。


風日祈宮も参拝しました。

お伊勢参りは三度は行くべし、というくらいですから、また訪れたいと、思える程素晴らしい場所でした。 連れて行ってくれた友人、ずっと運転をしてくれて、本当、感謝感謝です。


ブラタモリでも先日、伊勢神宮が特集されていて、昔は御師という人がいて、今でいう旅行代理店みたいなもので、コンシェルジェのように伊勢を案内して下さったのだそうです。 当時は数字にして約600程あった御師も今では1件だけ。当時と今では、横丁やメイン通りの場所も違い、住宅地の中にあります。聖俗の境である橋も現在では、普通の道路になっており、時代と共に変わるのだな、と何か不思議な気持ちになりました。知らないで人が通り、車がバンバン通る..地元の人は知っているのでしょうね。


当時のまま宿も残されていて、お屋敷は古いけれど、50人は宿泊できて、まな板やお出迎えの看板から、当時の様子が想像できます。 そんな御師が日本中を駆け回り、今で言えば、営業活動をせっせっとして、伊勢へ行けば御利益あり、お土産も貰える、農業の作業が書かれた暦、カレンダーは大変便利で喜ばれたとか、お札も貰え、お伊勢信仰として大流行したのだそうです。
そんな歴史を知ると楽しいですよね。 なるほど。


天照大御神がいらっしゃる内宮へ行き、お参りが出来て本当よかったです。無事。ほっとしました。


猿田彦神社にもお参りして来ました。 近くにあります。
みちひらきの神様といわれ、八方除けもしてくださる石があるので触れてきました。 芸能やお稽古事にもよい佐瑠女神社があり、境内の中にあるのでそちらにもお参りしました。↑上は、佐瑠女神社。



ヨガで皆様の健康と笑顔を祈願して参りました。




夜の食事。 やっぱり旅は食ですよね〜!! 伊勢うどん。
甘辛のつゆとゆで過ぎ?の麺とで、とっっても美味しかったです!!! ラーメンもうどんも柔らかめが好み(。・ω・。)
まんぷく食堂といってラジオやコンビニ?との共同製作、監修もしてらっしゃるようで商品化もしてるみたいです。おいしかったですよ〜♡♡

神社で禊をした後は、ゲストハウスで刺激を貰いました。 今回、ホテルではなくて…

夏休み日記①

夏休みいかがお過ごしでしたか?

大人になると、中々長期のお休みは取りづらいもの。私もロングバケーションとはいかないものの色々遊びに行きました。ヨガして、富士山行って、海行って。大人になって、遊ぶって良いですよね♪意味も複合的になって、遊び方も色々。 ただ、楽しむ、段階からもう一つ超えて、仕事も楽しむ。 ヨガやお仕事に関して言えば、仕事とプライベートとをきっちり分けていません。仕事もプライベートも生き方そのものが人生と直結しています。仕事は責任を伴いますし、いわゆるただの遊びとか、テキトーでは決してあり得ません。貴重な時間とお金を頂戴していますし、すべき事、やるべき事、自分が知り得る限り出来得る限りを全力でやっています。そしてそれゆえに楽しい♪ 7月下旬〜8月末に掛けてイベントが満載、満喫な夏で、たくさんの方々と会いました。ブログに書きたかったけれど、あまりに日にちが短期間的に、スパスパ!進むので、後で書こう、、と気付けば今日になりました。宿題提出な今日です。笑


8月上旬のパークヨガ。 外ヨガは気持ち良くって、風も心地よいし、初開催だったのだけれど、男性の方が多くご参加して下さって。嬉しい限り♪男性もヨガオススメですよ〜。現代社会の競争社会ではヨガいいですよ、フィジカル、メンタル共に最適化じゃないかしら、と個人的には感じています。


写真を一部。 臨港パーク。広くて、芝が気持ちいい。
ペアヨガ♪


各種ポーズ、ペアヨガ、呼吸法、くつろぎ等行いました。 ある程度、内容やプログラムは考えていますが、ご参加して下さった方に適わせて進めています。練習、トレーニングも一緒に今回、企画主催をした、ゆっちゃんとみっちり行って本番を迎えましたが、その場で生まれるもの、臨機応変に、そういった事を大切にしたいなー、と常々思っていて、こんな自由なところを理解をしてくれている心の広いゆっちゃんに感謝です(o^—^)ノありがとう!!



長谷寺へも行きました。 昨年も、前々年位〜だったかな?細かくは思い出せないけれど、長谷観音様へご祈願をさせて頂いてから、道が拓けて来たので、そんな経緯から、節目毎に御礼参り、御祈願参りに行っています。
今回、おみくじ大吉でした。 それで良いですよ〜、と言って貰えているようで、ここ三年間は何者かわからない私のような人間を周りの方々に支えて頂き、経験も実績も何も無い者が人様の前に立って、実践しながら…