スキップしてメイン コンテンツに移動

前世



小学校と白い木蓮。子供達が遊ぶ。






白く大きい。重たそうにみえる。それでも上を力強く向く花たち。
いのちの記憶が、そうさせるのでしょうか。


今日は春の陽気。
お散歩をしながら、一歩一歩、道どりは過去の自分に会いに行く。

時空を超えて、前世の自分に会ってきました。

何となく、輪廻転生や前世、今生はあると思っていて、そう感じる事も日常の中でありました。
きちんと専門の方に前世をみて頂いたのは初めてで、とても有難い体験でした。
今生で、なんでだろう?とか、この感情の記憶はどこから来てるのだろう?
という謎、疑問がひとつ取れました。

ヨガをやっていると、冥想であったり、自然や宇宙を感じたり、現代では科学がものを言う世界ですから、一種の毛嫌いとされるようなものを身近に感じます。
霊的な感性に敏感になる感じでしょうか。
ハンドパワーや霊術、魔術みたいなものではなくて、神社とかもっと自然の中にある日常の普遍的なもの、身近なものです。
ただ、見えないだけです。

それを潜在意識の世界は知っています。
自分という存在の中にはとても信じられない程の過去の記憶が眠っています。
今、知っている自分は、ほんの一部です。
そんな大きな宇宙にも似たひとつの生命体でもある命が小さな自分に色々とメッセージや過去の記憶を教えてくれたのだと思います。

前世療法といって、眠る前と完全に眠りに入る直前ぐらいのところの意識で行います。
眠りの中にあるのに意識ははっきりしていて、からだは今までに無い不思議な感覚でした。

ヨガのくつろぎのときに、からだの感覚がなくなり、ただ意識が、ぽかんと見下ろしている感覚がありますが、それに少し似ていました。
前世といっても、ひとつの前世、一人の人生で、いのちの記憶はまだまだあります。
魂の記憶。


今、わたしとご縁あるひととも、前世では一緒でした。
兄弟が親子であったり、恋愛なども今生でご縁あるひとと一緒でした。
出会えた意味や、与えたりもらったり、共に過ごす時間など、前世を知って、今生のそれも深まりました。
偶然は無いのかもしれません。
主人ともやはり一緒のときを過ごしていました。

わかった事は、何故か、別れ際が苦手だったことです。
悲しい別れを体験して、それが今生でも記憶となって憶えているのでした。
これは前世の事で、今は違う、今生は違う人生を歩む、と、そう思えました。


その前世を見てくださった先生は、本当に前世はあるのかどうかは分からない。もしかしたら、無いかもしれない。
でも、前世というものを知る事で、今を生きる自分が前向きに、今の自分にとって、良き方になるのであればいい、というお話をしてくださいました。
もっともっとご説明は丁寧です。
駄文で申し訳ないです。
本当に感謝です。

受ける前のこと。
受ける直前に、前世を知りたい、好奇心にも似た気持ちで生命の大きなものに触れてよいのか、前世を忘れている事も人間にとって必然の事なのかもしれない、知ってしまってよいのか、それは前世療法の否定という意味ではなく、その事に向き合うだけの心の準備を自分が出来ているのか、という事で、軽率ではなかろうか、安易で何にでも好奇心旺盛な自分を恥じましたが、先生より、潜在意識は自分にとって不都合なもの、は決して見せてくれませんし、心の準備ができていない記憶も見せてくれません。ちゃんと自己防衛できているんです。
なので、心配することは何もないんですよ、と教えてくださいました。
受けさせて頂いて、本当によかったです。

何となく、こんな未来がみえる、とか、何となしにこんな感じがする、とか、そんな第六感に似たようなイメージが出てくることがあり、訳も分からず、不安になったり、心配したりもしましたが、過去の前世の記憶から教訓などを学び、今生でそれを教えてくれていたんだな、と納得しました。
理由が分かり、すっきりです。


絶対ではないけれど、潜在意識の中で存在する自分。世界。
それは夢を見ているときと似ています。
夢を見ることで、癒したり、何か注意したり、心の状態を現したり。
時に亡き人や家族が現れたりして、メッセージを送ります。
脳という場所は、そんな時空を越えたやりとりが成立する、未知な場所なのだと思います。

去年から、とくに台湾旅行の、あの飛行機内での空とも、宙ともいえる場所を通過してから、ずっとあった時空という言葉。
科学と自然だけでなく、心の中でもあるのだということを気付かされました。




ヒプノセラピー 



このブログの人気の投稿

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

そら-空-

全て一度壊そう

春になるとゼロにしてスタートが始まる

ヨガをし始めてから感覚的にそう思うようになった



積み上げて積み上げて経験を膨らまして膨らましてそれでパンパンにした所で


それがどんなものが出来上がるか形になるのか誰にも分からない


夢や目標や目的は

今はキラキラ輝いていても


光が無くなる事だってあるかもしれない


生命の光はいつ宿り消えるか誰にも分からない






色即是空


形が現れては消える

ライオン

サーカスのライオン



サーカスのライオンは


サーカスのライオンになりたかったのか?



なりたくて



そこに居て




サーカスをしているのか?




させられているのか?



殺されそうなのか?

それしかもう術がないのか?


他を知らないのか?



選択肢さえ分からないのか