スキップしてメイン コンテンツに移動

オモテ、ウラ

先日、中国の八卦掌を学びました。

ご指導頂いた李先生は初めてお逢いしたのですが、私の身体と心の動きを全て見透かされているようでした。その上で丁寧にご指導してくださり楽しいひとときを過ごしました。

お話の中に、身体の中心をつくりバランスを保つのは精神であると仰っていました。
しなやかさと力強さは背骨と精神から成り立つ、と。
姿勢という言葉は身心、両面で表現される言葉であるように身体と心は切り離せません。

ヨガ、武術と出会い表裏一体を感じます。
世界は陰陽のバランスで成り立っています。
一人の人間にも表裏があり度合いの違いがあるだけで対になって出来ています。
100円の硬貨は100と反対に桜が書かれた絵が。
落ちる木の葉も然り。
人間は前側にお腹、後ろ側に背中といったように。
表だけ裏だけの人間や物事はきっとないと思いますし、それが自然です。

今、問題になっている食品の誤表示は表だけ良く見せようという不自然な結果の現れです。良くも悪くもそのまま存在するのが自然です。そして対象の物事は良いのか悪いのかも捉え方により変わります。
更に抽象的になりますが、そこに光が入れば闇も消えたり、光の角度で違う見え方をします。
一方的に捉えるのでなく多面的に捉える。二次元でなく、三次元のように質感や立体感を得て柔軟に本来の姿を見たいです。その方が深みを増し、より楽しいです。

生涯を通して身体を研究されている先人の方々に出逢う度、感じるのは身体の深さ。
身体は海のようです。
外からの見た目だけだと深さは分りません。浅瀬と一緒かな、と思ったりします。
身体や心の動き、共に過ごすとその深さが増していきます。まだ、深い。
どこまでも透き通っていて、濁っていない、そこには快い流れがあります。
腰痛、首、肩の痛みや強張りは小さな川の流れに石が入り、せき止められて木くずやごみが詰まるといった感じです。

後日、器用でない人間が同時にいくつも吸収したので身体のサインとして知恵熱のようなものが出ました。学びを深めていきたいのですが、許容量をオーバーしたようなので今回、身体が身を持って教えてくれた、自分を知る事が出来た、と身体に感謝と癒しの気持ちを持って少しゆっくり歩を進めます。
ヨガが私にとって陽ならば、武術は陰なのだと感じました。
磁力で引き合い反発するように今はヨガと向き合う時であると感じました。表裏、陰陽バランスを保ちながら、限られた時間とひとつしかない身体をたいせつに、心は正直に生きていきたいです。



















このブログの人気の投稿

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

そら-空-

全て一度壊そう

春になるとゼロにしてスタートが始まる

ヨガをし始めてから感覚的にそう思うようになった



積み上げて積み上げて経験を膨らまして膨らましてそれでパンパンにした所で


それがどんなものが出来上がるか形になるのか誰にも分からない


夢や目標や目的は

今はキラキラ輝いていても


光が無くなる事だってあるかもしれない


生命の光はいつ宿り消えるか誰にも分からない






色即是空


形が現れては消える

ライオン

サーカスのライオン



サーカスのライオンは


サーカスのライオンになりたかったのか?



なりたくて



そこに居て




サーカスをしているのか?




させられているのか?



殺されそうなのか?

それしかもう術がないのか?


他を知らないのか?



選択肢さえ分からないのか